新訳 日本の歩き方

独身気ままに全国各地を3つのテーマに沿って旅をします

〔裁判所〕小浜 福井家庭裁判所小浜出張所/小浜簡易裁判所

いつも通りといえばそうだけど、また甲子園の時期になると更新が鈍る悪い癖が出てしまったね。そんな僕に対して、高野連も球児のための休養日という名目で、今日はちゃんと書けよと命じてきたんだと思うので久々に頑張って書きます。
でも、大会終盤の日曜日を休養日に設定してしまうとは、興行的にどうなんかね。まぁ昨今の人気からすると平日の明日でも超満員なんだろうけどさ。


この記事は、
連載『大型連休のトラウマは大型連休で払拭すべし』の一部です。
前後の繋がりなどは、下記、目次からご確認ください。

 

目次
0-〔導入〕目次と冒頭解説
1-〔裁判所〕小浜 福井家庭裁判所小浜出張所/小浜簡易裁判所 ←今ココ
2-〔旅行記〕小浜~峰山
3-〔裁判所〕京丹後 京丹後簡易裁判所
4-〔旅行記〕天橋立~伊根~浜坂
5-〔裁判所〕浜坂 浜坂簡易裁判所
6-〔旅行記〕浜坂~倉吉
7-〔旅行記〕倉吉~由良~若桜

 

hutuu-trip.hatenadiary.jp


裁判所のHPでは、福井家庭裁判所小浜出張所/小浜簡易裁判所の行き方はわかりませんが、
JR小浜線「小浜」駅からスタート。

f:id:boutyou-works:20180819200749j:plain

 

 
日々の高校野球の熱戦にあてられて、ややぼーっとしてるんだけど、裁判所の道のり紹介だけならサクッとリハビリにちょうどいいと思っていたんですが、意外と小浜の町は触れたいポイントたくさんありました。お散歩話は次回に書きますが。
ちなみにこの福井県の「小浜(おばま)市」、読者の方で行ったことあるのなんて、当ブログもリンクさせていただいている全国の裁判所を網羅されている「はむ弁護士」様くらいしかいないでしょうが、聞いたことはあるという方は多いのではないでしょうか。

2009年、アメリカ合衆国の大統領にバラク・オバマ氏が就任したとき、「オバマを勝手に応援する会」という会を結成し、話題作りをしていたのが、呼び名が同じこの小浜市でした。デンジャラスののっちもここで再ブレークを果たしましたね。
ちなみに応援する会のHPは大統領在任中の11年から更新を止め、今では閉鎖されています。町を歩いてみても、その類のものは見かけなかったので、次のお散歩記事でなくここで触れることにしました。


それでは裁判所に向かいます。

f:id:boutyou-works:20180819200745j:plain

駅を出て、正面に真っ直ぐ伸びている道を進んで行きます。方向は真っ直ぐですが、ロータリーやらで左からぐるりと回っていくのがやや面倒です。

f:id:boutyou-works:20180819200742j:plain

小浜駅。小さいながら、特徴的な作りの駅舎で記憶に残ります。

f:id:boutyou-works:20180819200738j:plain

この道を真っ直ぐ進んで行きます。がっちがちの観光地でない限り、GWだからこそ稼ぐでなしに、休むという選択肢をする店などが多くて困りますが、

f:id:boutyou-works:20180819200734j:plain f:id:boutyou-works:20180819200833j:plain

この小浜名物「カレー焼」というのを売っている、こちらのお店はやっていました。このお店については次の記事で触れましょう。

f:id:boutyou-works:20180819200829j:plain

右手に見えてきたこの立派な建物は市役所か何かかなと思ったら、病院でした。しかも頭に何故か「杉田玄白記念」と書かれています。杉田玄白って妙にリアルに描かれている頭皮と「解体新書」のイメージしかなかったのですが、小浜にゆかりがあったんですね。
と、調べてみたところ、確かに小浜藩の藩医ではあったようなのですが、小浜に滞在していたのは7歳から12歳のようでしてそれ以外はずっと江戸に滞在していたようなんですね。う~ん、5年ってのはなんとも微妙ですが、藩医ではあったようなので止むなしといったところでしょうか。親の仕事の都合で全国にゆかりの地がある滝廉太郎先生といい、著名人との縁を探し出す全国の市町村の方々も必死です。

f:id:boutyou-works:20180819200826j:plain

なんかこの建物の古い感じ、福井県の別の町でも見た気がして思わずパシャリ。歩道のタイルなどでも、なにか県の特徴らしきものを感じることもあります。

f:id:boutyou-works:20180819200822j:plain

福井県小浜市でも「大手」に務めたいなら、こちらへどうぞ。これで転職した後でも「俺、前の事務所“大手”だったからさぁ、ちょっとここは仕事のスピードがあれだよね」とかいっても偉ぶっても嘘にはなりません。ひと月くらいはその程度の見栄でいい気になってればいいさ。

f:id:boutyou-works:20180819200818j:plain

何故かドラックに毒され荒ぶるバンビを想像してしまうというのは熱中症の症状ではないか、誰か教えてください。

f:id:boutyou-works:20180819200918j:plain

右手に今度こそ小浜市役所です。
「北陸新幹線 小浜・京都ルート早期実現」と書かれていますが、現在金沢止まりの北陸新幹線の金沢以西のルートって、いつの間にかこの「小浜京都ルート」に決まっていたんですね。まだ10年以上先ですが、開業したら小浜に行くのに便利になりますね!誰が行くか知らんけど。

f:id:boutyou-works:20180819200915j:plain

真っ直ぐなのは変わらないですけど、「小浜NTT前」交差点を過ぎると道がちょっと細くなってきます。またこの交差点を曲がると、別のお散歩コースになったりするので、ちょっとカギになる交差点でもあります。

f:id:boutyou-works:20180819200911j:plain

川を渡ります。連続して3本くらいの川が走っている珍しい場所なのですが、1本目の川を過ぎたところ

f:id:boutyou-works:20180819200908j:plain

裁判所の看板があります。右側に見えてきます。

 

f:id:boutyou-works:20180819200904j:plain

f:id:boutyou-works:20180819201019j:plain

到着~!!
ちなみに道沿いにある正門から入ると、

f:id:boutyou-works:20180819201015j:plain

こんな感じで裁判所の横面しか見えないので、なんとか正面に回り込んでブロック塀越しに撮影したのが上の写真という苦労話も一つ。

f:id:boutyou-works:20180819201012j:plain

地図で表すとこんな感じ。道は真っ直ぐなんで迷うことはないと思うけど、時間でいうと15分強は歩くかな。

 


裁判所についてはこんな感じでしょうか。次回は小浜のお散歩と次の地への移動編ですね。小浜で見るとこなんてあるんかいなと当初思っていたんだけど、事前に地図を見ていて

f:id:boutyou-works:20180819201008j:plain

北海道でも楽しんだ、「フィッシャーマンズ・ワーフ」があることを俺は知っていたのだ。
充実のお散歩の期待を胸に次回へと続く。

 

hutuu-trip.hatenadiary.jp